夫婦仲を再構築するためにスワッピングについて考えてみた

2016-01-19

義務感でするセックスはどうしてもマンネリ化してしまうものです。とはいえ充実した夫婦生活を送ろうとした場合、何をしていいかわからないというのが多くの方の想いではないでしょうか。実際に私も具体的に何をしたらいいのかというのは大いに悩みました。そんな中で出会った一つの手法、それはスワッピングです。

スワッピングとはどういうものか?

年齢や職業などバラバラな複数のカップルたちがパートナーを交換し合ってセックスをする、それがスワッピングです。浮気をされた私がこんなものに興味を持つのは不思議だと思われるかもしれません。実際に自分でもまさか…とは思います。妻が他人の男と絡み、私も他の女性と肌を合わせる…なんとも微妙な気持ちがします。

浮気をされるくらいなら…

なぜ私がこんなことを考えるようになったのか、それには理由があります。「知らない奴に浮気をされるくらいなら自分の管理下で…」そういう思いがあったのです。何とも歪んだ気持ちかもしれませんが、それは正直な想いでした。
しかし調べてみるとスワッピングには様々なメリットもあることがわかってきました。夫婦生活が長くなってくるとどうしてもマンネリになってしまいます。それを他人と肌を合わせることで新鮮味を得ることができマンネリ解消をすることができるのです。さらに、程よい嫉妬心がきっかけで精神的な結びつきが強くなり、夫婦仲が良くなるというメリットもあります。
また人によっては自分の恋人がセックスしている姿を見たいという性癖を満たしたり、性欲旺盛なパートナーの気持ちを静めるためという目的もあるのだとか。

スワッピングが持つデメリット

とはいえ他人とのセックスですからデメリットがないわけではありません。管理の目を潜り抜けて連絡先を交換されれば浮気の原因にもなりかねません。性感染症の問題も考えられるでしょう。マナーやルールがしっかりしていなければスワッピングには手を出さない方がいいのかもしれません。
私自身、そういった部分が怖くて未だにスワッピングには踏み切れてはいません。

将来のオプションとして

実際にまだ勇気が出ず、試すまでには至っていません。しかし最終的にはスワッピングも夫婦の性生活を豊かにする方法の一つであるのかもしれないとは思います。デメリットもたくさんありますがそれにさえ気を付ければ有意義に性を謳歌できるのは間違いありません。今はまだ必要性を感じてはいませんが、いずれもしかしたらスワッピングを試すことがあるかもしれませんね。

Copyright© 2014-2017 妻の浮気、家庭再構築の手記~ED、セックスレスを克服して All Rights Reserved.