妻の妊娠中に魔が差して

2018-4-17

妻が妊娠したことは、とても喜ばしいことです。しかし、妊娠中はお腹の子どもが第一になることで男性として欲求不満に陥ることがあります。セックスも自由にできないことから、浮気に走りやすいので注意しましょう。最も魔が差しやすく、普段なら相手にもしないような女性にも手を出してしまう人もいます。欲求不満が高まるのもわかりますが、妻が妊娠中でつらいのに浮気に走るのは人としてもちょっと問題ですよね。

妻の妊娠中は浮気率が高まる

妻の妊娠中は、どうしてもお腹の子どものことが第一になります。無事に生まれるまでは母体第一になるのは当然のことです。体調も悪くなりがちで、妻は夫に構っているどころではありません。今までは夫第一でいた妻であっても、妊娠時期は子ども第一になるものです。

妻は自分の体の変化をそのまま感じているものの、男性にとって妊娠はいまひとつ実感がわかないものです。自分の体に変化が無いのですから、当然かもしれません。そのため、子どもができたと言われてもぽかんとしてしまうのでしょう。実際にお腹が出て、体調が悪くなることはありませんからね。

さて、妻の妊娠中は、人生で最も浮気率が高まる時期となります。女性は子どものことで精いっぱいになり、男性はかまってくれないことに不満を抱くからです。大人なのですから、自分のことは自分でできるのですが、どうしても二の次の存在となることに耐えられない人もいるからです。

思いきりセックスできない不満

妻が妊娠すれば、お腹の子どもに影響があるようなセックスはできません。今までは、激しいセックスし放題であっても、妊娠が判明すればお腹に負担がかかることは一切禁止となります。当然、できることは限られてきますから、男性の中にはセックスに不満を持つケースもあるでしょう。

それに、妊娠中は妻の体も大きく変化します。お腹がでてくるだけでなく胸も乳首が黒ずんで子どもを育てるための準備が進みます。妻の体の変化に耐えきれず、性欲が無くなるということもあるのです。子どもを生むことが第一になるとはいえ、男性には理解しがたいことなのでしょう。

こうして思いきりセックスできなくなると、当然ながら欲求不満が溜まります。性欲がもともと強くなければまだしも、毎日セックスを求めるような状態では、耐えることができないかもしれません。妊娠中のセックスについては、夫婦できちんと考えておくべきでしょうね。

妊娠は女性だけのものと考えないこと

妊娠は女性にしか起こりませんが、ひとりでは妊娠できません。必ず、男性もかかわっていることを認識しましょう。他人事だと思うから、実感がわかないのです。今、妻のお腹の中には自分の子どもが宿っていて、日々育っているのだと強く思うことが大切です。

父親教室に行くのもいいでしょう。妊娠は、夫婦なら喜ばしいことのはずです。一時の欲求不満に捉われて浮気に走るようでは、今後も思いやられるでしょう。子どもの親としても、いつまでも後ろめたさを持つはめにもなります。浮気は一時的な感情の先走りです。妻や子どもを放り出してもするべきことか、考えてみましょう。

まとめ

男性が最も浮気しやすいのは、妻の妊娠中だと言われます。確かに、お腹の中の子どもが第一になるので夫のことは二の次になりやすいものです。しかし、お腹の子どもは妻だけでなく自分自身の子どもであることを十分に認識しておきましょう。妊娠中は、何かと欲求不満になりがちで浮気に走りやすいのも事実ですが、すべての男性が妻を裏切るわけではありません。家族が増えるときに、自分の欲望を優先するのは避けましょう。

Copyright© 2014-2018 妻の浮気、家庭再構築の手記~ED、セックスレスを克服して All Rights Reserved.