浮気なんて無縁?

2017-2-16

私の家庭は幸せなもの…結婚してから20年間、ずっとそう信じてきました。なので、浮気なんてものにはまったく興味がありませんでした。確かに、キレイな女性を見ると、たまにときめいてしまう事はありましたが、実際に行動を起こすなんて事はありえませんでした。それ以上に幸せな家庭を守る事を大切に思っていたのです。

そんな私でしたが、本当にささいなきっかけから浮気に走ってしまう事になりました。当サイトをご覧になっている方の中にも、当時の私と同じように「浮気なんて自分には無縁だ」と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、人の心は案外脆いものです。ちょっとしたきっかけで浮気に走ってしまうことだってあるのです。
ここでは、そんな私の体験談をお話ししてみたいと思います。

浮気になんかまったく興味がない…そんな方にこそ読んでいただきたいと思います。

彼女との関係のはじまり

のちに私の浮気相手となってしまった女性は、もともと会社の部下でした。最初は何とも思っていませんでした。当時、私は45歳、彼女は27歳でしたので、女性として意識するなんて事はまるでなかったのです。なにしろ、20歳近くも年齢が離れているのですから。下手したら、娘であってもおかしくないほどの年齢差です。

彼女はとても仕事熱心で、真面目でしたので信頼できましたので重要な仕事を振り分けることも少なくありませんでした。彼女も私を上司として尊敬してくれているようで、仕事上ではとても良い関係を築けていました。

しかし、重要な仕事を任せられる事の多い彼女を妬む社員も少なくありませんでした。彼女と年齢の近い男性社員などは、露骨に彼女に嫌味を言う事もあったようです。それを止めるのも上司の仕事だと考え、私は彼女をかばうことも少なくありませんした。

もちろん、そこに下心などまるでありません。あくまで一人の信頼できる部下として接していただけです。
ですが、彼女を妬む社員の一部は私と彼女の関係を疑いはじめたのです。それほど大きな会社ではありませんでしたので、誰かがそんな事を言い出すと、すぐに噂は広がってしまいます。

それでも、私にはやましいところはありませんでしたので、そんな噂なんか気にもしていませんでした。ですが、彼女はまだ若く、こんな噂を立てられると困るだろうと、気がかりでした。

そのため、できるだけ私は職場で彼女との距離を置く事にしたのです。

そうなると、彼女は不安を感じたようでした。私からの信頼を失ってしまったと感じたのでしょう。そして、ある日、思いつめたような表情で「話がある」と言われたのです。

二人きりで行動すると、おさまりかけた噂がまた立ってしまうのではないか、と不安でしたが、あまりにも彼女が思いつめた表情をしていましたので、断る事はできません。 今思えば、それが私の浮気のはじまりでした。あくまで彼女は信頼できる部下の一人であり続けるべきでした。そして、私も尊敬できる上司であり続けるべきだったのでしょう。

しかし、妙な噂が立ち、私が下手な気遣いをしたせいでその関係が崩れ、思わぬ方向へと走り出してしまったのです。
何度も言いますが、私は自分が浮気をするなんて思ってもみませんでした。しかし、実際に彼女と関係を持つ事になってしまったのです。

Copyright© 2014-2017 妻の浮気、家庭再構築の手記~ED、セックスレスを克服して All Rights Reserved.