心身の治療

2014-6-16

心因性の勃起不全。詳細には申しませんが、これがわたしの症状です。身体に障害があるのではなく、心の問題により勃起することができない。セックスレスを解消するためには、EDを直さなければなりません。そしてそのEDを直すためには精神のケアが必要でした。

いざ病院へ!

再構築の一環として、通院をすることになりました。妻が強くすすめてきたからです。わたしは当初、時がたてば自然と回復するだろうと軽く考えていました。今思えばそれは誤りです。素人の勝手な判断は、症状を悪化させることにつながりかねません。これから述べる内容も、わたし個人の感想や体験です。すべての人に当てはまるものではないことを、ご了承ください。

知人に紹介された病院は清潔で、想像以上に居心地の良いものでした。実は、わたしは性的な症状に関する治療というものに強い偏見をもっていました。EDクリニックに通院することは恥ずかしいというものだという考えを持っていたほどです。しかし、意を決して行ってみたところ、そのような先入観を払拭するくらい、明るくて患者のプライバシーにも配慮してくれる場所でした。診察も思ったより簡単なもので、安心して利用することが可能でした。

バイアグラは怪しい薬じゃない

上記のとおり、わたしは性に関する病院や薬剤にネガティブなイメージをもっていました。EDなどは若い人がかかる病気ではない。バイアグラなども、性欲旺盛な中年男性が使用する、精力剤のようなものだと勘違いしていました。今考えるとなんという誤解でしょう。三大欲求である性を追求することは、悪いことではないはずです。しかしその当時のわたしは、今思えば馬鹿馬鹿しい誤解を頭から信じ込んでいたのです。

最初に病院に行き丁寧な診察を受けた時、自分の無知を恥じ入りました。聞くところによると、バイアグラはきちんと医学的な検証をクリアしており、もう何年も高い安全性と効果が確認されている医薬品だ、ということです。また、服用することで性欲が増すものではなく、あくまで勃起するのをサポートしてくれるもの。私の誤解は根も葉もない妄想だったというわけです。

ともかく、クリニックで安心して薬を処方してもらうことができました。噂によると同様の薬が個人輸入でも購入できるらしいのですが、おすすめできません。多くが偽物であるらしく、健康被害事件も発生しているとのこと。わたしは、安全第一を選択肢、実績や信頼性が高い医院からバイアグラを処方してもらうことにしました。

医薬品があるからと言って、飲めばすぐ治るというものではありません。服用しながら、徐々に回復を図ることになります。夫婦関係を改善するのと並行して、自分の身体も改善していく。わたしの本格的な再構築はここからスタートしました。

Copyright© 2014-2017 妻の浮気、家庭再構築の手記~ED、セックスレスを克服して All Rights Reserved.