私が関係を修復できた一番の理由

2016-12-12

妻の浮気が発覚して、私がまっさきに考えたのが離婚することでした。絶対に浮気は許されない行為である、と考えていましたし、妻の裏切りに対して大きな怒りを抱いていました。 このまま、関係を修復することなんて絶対にできないと考えていました。

しかし、結果を言ってしまうと、私たち夫婦は離婚ではなく関係を修復するという道を選ぶことになりました。
もちろん、しっかりと話し合いをして、お互いの問題点をはっきりさせることができた、ということもありますが、それ以上にとても大きな理由がありました。

それは、子供の存在です。私たち夫婦には子供がいました。私も妻も一人では生きて行けないわけではありません。しかし、幼い子供にとって、親は必要な存在です。

そう考えると、私たちの問題によって子供に寂しい思いをさせてしまっていいのか、と考えてしまったのです。

子供の存在、家庭の存在

私と妻の二人だけの関係であれば、もしかすると私は関係を修復しよう、と思うことすらできなかったかもしれません。
それほど、私は冷静さを失っていました。

もちろん、仕事の忙しさから妻との夜の生活すら何年もしていなかったくらいです。愛していないわけではありませんが、正直に言ってしまえば、もし別れてしまったとしてもそれほど後悔してしまうことはなかったと思います。

それほどまでに、私たち夫婦の関係は冷めたものでした。

夫婦として、時間を重ねて行けばその分だけ、少しずつ熱を失ってしまうのは仕方のないことかもしれません。

私たち夫婦は時間の経過や仕事の忙しさによって、お互いをあまり必要としなくなってしまい、その挙句妻は浮気に走ってしまうことになったのです。

もし、これがただの恋人だったら、私はもう二度と口を聞くこともなかったでしょう。
しかし、私たちは夫婦でしたし、子供もいて、一つの家庭を築いていたのです。

そうなれば、この問題は単なる男女の問題ではなくなってしまうのです。

子供と一緒に幸せに暮らすために

私は妻に対しては強い怒りを感じていた一方で、家庭はどうなってしまうんだろう、と考えるようになりました。
妻と別れる、という選択肢を選ぶということは、すなわち家庭がバラバラになってしまうことを意味します。

特に子供のことを考えると、この家庭を壊してしまうことはできない、と思ってしまいました。
離婚してしまう夫婦も多くなってきましたので、両親の揃っていない子供も多くなってきています。それによって偏見を持たれることは現在ではほとんどないでしょう。 もちろん、私も偏見を持っているわけではありません。
しかし、私の子供には両親と一緒に成長して欲しい、そう思いました。

そして、私自身も子供と一緒に過ごしたいと考えていましたし、妻から子供を奪い取ることだって、やはりできません。

それがきっかけで、関係を修復しよう、と考えるようになったのです。

このように考えることができたおかげで、冷静に話し合いをすることができました。

離婚を考える際、一度しっかりと家庭のことを考えてみてはいかがでしょうか?結婚した以上は、一時的な感情だけですべてを決めてしまうことはできません。
もし、離婚という選択肢を選ぶとしても、同じ家庭で暮らす人全員が幸せに過ごすことができるように考えるべきなのです。

Copyright© 2014-2017 妻の浮気、家庭再構築の手記~ED、セックスレスを克服して All Rights Reserved.