幸せな時期のことを思い出して

2016-11-10

どんなに仲の悪いカップル、夫婦であったとしても、必ず幸せだった時期があったのではないでしょうか?
恋愛をしていたのであれば、絶対に一緒に幸せを感じていた時期が誰にでもあったはずです。
それなのに、一緒に過ごす時間が長くなってしまうといつの間にかそれを忘れてしまいます。

それはどうしてなんでしょう?

それは、新しい刺激を受けることがなくなってしまうからです。恋愛関係には必ず刺激が必要となるものです。
それがなくなってしまうと、その関係はまったく冷めたものとなってしまうかもしれません。

その結果として、険悪な仲になってしまうかもしれないのです。

残念ながら、そこで別れてしまうという選択肢を選んでしまう方も少なくないようです。もちろん、それは絶対に悪いこと、という訳ではありません。
しかし、本当にその選択肢しかなかったのでしょうか?

一度、しっかりと考えてみませんか?

別れるという選択肢を選んでしまう前に

どうして別れるという選択肢を選んでしまうことになるのでしょう?もちろん、一緒にいて楽しいと思えなくなってしまったり、一緒にいたい、という感情がなくなってしっまたりということが原因の一つでしょう。

しかし、その原因を解消することはできなかったのでしょうか? それを一度だけ考えてみましょう。

最初から別れる、離婚といった選択肢しかない、と考えているのであれば、それは大きな間違いです。
他にも選ぶことのできる選択肢がある、ということに気付くことができなかったら、あとで後悔してしまうことになるかもしれません。

どうして幸せではなくなってしまったのかを考えて

まず、あなたがどうして幸せではなくなってしまったのかを考えてみることにしましょう。かつて、幸せな頃もあったことを思い出してみてください。

きっと、出会ったばかりの頃、付き合いはじめたばかりの頃、そして新婚当時…必ず幸せな頃があったはずです。

その時の気持ちを思い出してみましょう。思い出の品をみて見たり、当時の写真を探してみませんか?

そんなことしても何の意味もない…そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、愛し合って一緒になったことを思い出してみることはとても大切なことです。

また、思い出の場所に行ってみるのも良いのではないでしょうか?楽しかった思い出を甦らせることができるはずです。

こうして、幸せだった頃のことを思い出すことができれば、それだけで関係を修復する、という選択肢を視野に入れることもできるのではないでしょうか?

最初から、選択肢を一つにしてしまっていては、あなたにとってベストな未来を選ぶことができないかもしれません。
関係が冷めきってしまっていると、なかなかその関係を修復しよう、という気持ちになることができなくなってしまいがちです。 そして、関係を修復することによるメリットも考えることができない可能性だってあるでしょう。

しかし、幸せだった頃のことを思い出すことができれば、関係を修復することを考えることができるのではないでしょうか?

別れる、離婚するという選択肢を選んでしまう前に、もう一つの可能性についてもしっかりと考えてみるようにしましょう。
そうすれば、もっと幸せな未来が待っているかもしれません。

Copyright© 2014-2017 妻の浮気、家庭再構築の手記~ED、セックスレスを克服して All Rights Reserved.