やり直す決意

2010-10-02

結論から言うと、再構築をしようと決意をしました。我が子のことを最優先に考えること、それが親としての責務です。子どものために仮面夫婦を演じるのではなく、妻との関係を一から作り直すことを心に決めました。

すねている大きな子ども

離婚か再構築か。どちらにも決め難くて、わたしはいらいらしていました。八つ当たりするたびに謝る妻もわたしの心を逆なでします。部屋の隅で膝を抱え、頭を抱えて悩んでいると、ふと妙な既視感を覚えました。この感じ何かに似ている。自分が子どものころに感じていたあの苛立ちと似ているのだ。

素直に「ありがとう」や「ごめんなさい」が言えないとき、相手の謝罪を受け入れられないとき。幼少時、ひねくれ者で強情だったわたしはしばしばこんな焦燥感に苛まれていたのです。そして、同じく意地っ張りな我が息子も、似たようにふてくされていることがあるのを思い出しました。なんだ、まるで子どもと同じじゃないか。こう思った時急に心が軽くなったのを覚えています。わたしは妻の謝罪を受け入れたくても、受け入れられなくてただすねているだけだったのです。

子はかすがい

しかし、再構築を選択する決定打となったのは子どものことでした。息子にとって最適なのはおそらく、両親が仲良く暮らしている状況です。思い返してみれば、「お父さんとお母さんけんかしているの?」、と不安そうな顔で何度か聞いてきていました。わたしは自分のことばかりに夢中で、子供に気を回す余裕がありませんでした。幼いなら幼いなりに、家族のことを心配している。そうであるならば、親が家族を立て直さないでどうする。一度そう思ってしまうと、離婚という選択肢を選ぶことはできません。

その日の夜には、もう一度やり直したいと妻に告げていました。それを聞いた彼女は、浮気騒動があってから初めて涙を流しました。

わたしと妻は、二人で新たなスタートをすることに決めました。最終的な決め手は子どものことでしたが、それを抜きにしても離婚したくないと感じています。マイナスからゼロにするのではなく、プラスにする。そんな関係を目指した再構築のはじまりです。

Copyright© 2014-2017 妻の浮気、家庭再構築の手記~ED、セックスレスを克服して All Rights Reserved.