妻の浮気…そして離婚へ?

2017-10-05

その頃、妻の行動に少し変化がありました。以前はまったく家をあける事はなかったのですが、昔の友達と久しぶりに会って、連絡をとるようになったとの事で、出かける事が多くなりました。結婚以来一度もそんな事はありませんでしたので、少し疑問を抱きましたが、妻が家をあけるのであれば、その分彼女と会う事ができる、と考えてしまいました。

しかし、その頃、妻も浮気をはじめていたのです。それはすぐに発覚しました。私と同じように妻は隠そうともしなくなったのです。

荒れて行く家庭

妻が家をあける頻度が高くなると、自然に家の中は荒れるようになってきました。洗濯などの最低限の家事はこなしていましたが、掃除をする頻度は明らかに低くなりました。妻はキレイ好きでしたので、以前は埃ひとつ落ちていませんでしたし、家具などもすべてピカピカに磨かれていました。
しかし、妻が家をあける事が多くなった頃から、埃が目立つようになりました。もちろん、目に見えて荒れているわけではありませんでしたが、ずっとここで暮らしている私には、その変化がとても大きなものに感じられました。

しかし、自分は不倫をしているという後ろめたさもあり、何も言えません。

ですが、そんなタイミングで妻の浮気が発覚しました。きっかけは、妻の携帯電話でした。スマホ全盛の時代になっても妻はずっとガラケーを使い続けていました。ある日、リビングでテレビを見ていると、その携帯電話が目についたのです。
普段は妻の携帯になんか興味を示す事もありませんでした。しかし、最近の妻の行動の変化などもあり、どうしても気になって妻がバスルームにいることを確認した上で、こっそりと覗き見てしまったのです。

すると、そこにはまるで予想すらしていなかったものがありました。私と付き合いはじめる以前の彼氏と頻繁にやりとりをしていたのです。
つまり、妻の言っていた「昔の友達」とは元カレの事だったのです。

私はすぐにバスルームに駆け込み、携帯電話を妻につきつけました。自分も不倫をしているにもかかわらず、妻の浮気については許す事ができませんでした。裏切られた、という気分だったのです。

妻は黙って濡れた体を拭き、服を着るとリビングに出ました。私もそれに従うように、テーブルにつき、話し合いがはじまりました。

妻は私の不倫にも気づいていました。その事を最初に告げられて、私は焦りました。しかし、自分の浮気をごまかしているように聞こえて、何度も「自分はどうなんだ!」と怒鳴りつけてしまったのです。
今思えば、最低な行動でした。自分でも嫌になってしまいます。しかし、妻は少しも表情を変えませんでした。

そのまま、私は離婚を切り出しました。妻はずっと黙っていました。本心では、私は離婚にはならないだろう、とたかをくくっていました。妻の元カレにも確か家庭があったはずです。なので、私と別れてもどこにも行き場所がない、と考えていたのです。
本当に私は最低でした。取り乱しながらも、とても卑怯な事を考えていたのです。

しかし、妻はあっさりと離婚を承知したのです。今度は私が焦ってしまいました。もともと離婚をするつもりなどなかったのですから。しかし、妻の目は真っすぐに私を見ていて、私のようないやらしい計算をしているようには見えませんでした。

Copyright© 2014-2017 妻の浮気、家庭再構築の手記~ED、セックスレスを克服して All Rights Reserved.