彼女との将来

2017-09-13

基本的に不倫に未来はありません。もちろん、浮気が本気になってしまい、離婚した上で浮気相手と一緒になるという道を選ぶ方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、私はそのつもりはありませんでした。彼女と一緒にいる時間はとても幸せでしたし、大切に感じていたのは事実です。それに対して妻との関係は冷めきっていました。かつて愛していたのは事実ですが、今では愛情を感じる事はほとんどありません。

ですが、離婚するとなるとさまざまな問題が出てきます。会社での立場も悪いものになりますし、両親にも心配をかけてしまう事になります。もともと、私は厳格な家庭で育ちましたので、今離婚するなんて事になれば、もう実家に顔向けできなくなってしまうでしょう。特に、妻を気に入っている両親は私を勘当してしまうかもしれません。妻は親族などに評判の「良い奥さん」でしたので、私が悪者になってしまうのは間違い無いでしょう。

また、会社にも離婚を知られてしまう事になります。私は今、出世街道にうまく乗りつつありました。上司や同僚との関係も良好で業務成績も悪くありません。
そんな中、離婚をしたという事実は出世に対してネガティブな影響を与える可能性は十分にあるでしょう。会社によっては、離婚を経験した人間は「家族さえもコントロールできない人間」として
管理職に向かないとされてしまうと言われています。そうなると、私の出世の道が絶たれてしまうかもしれません。

なので、私は離婚はどうしても避けなければならないと思っていました。

奥さんと別れてくれないの?

彼女とも一緒に過ごす時間が長くなると、次第に将来の話を持ちかけられる事が多くなってきました。
最初は直接的に妻の話や、将来的には正式に一緒になりたい、といった事を言われる事はありませんでした。しかし、関係が親密なものになり、付き合いが長くなってくると彼女も直接的に今後の二人の事を考えるようになったのでしょう。

そして、ついに彼女に「奥さんと別れてくれないの?」と口にするようになりました。私は正直、焦りましたが、嘘をつく事にもすっかり慣れてしまっていたのです。なので、離婚については真剣に考えている、なんて事を平気で言ってしまったのです。
彼女はまだ若く、私の事を信用しきっていましたので、そんな私の嘘をそのまま信じてしまいました。

すると、どんどん二人の将来についてさまざまな話をしてくるようになりました。子供が欲しい…どんなところで暮らしたい…結婚式はこうしたい…そんな話を聞くたびに、私は胸が痛みましたが、毎回嘘でごまかしてしまいました。
完全に私の感覚は麻痺してしまっていたのです。そして、うまくごまかしながらこのままの関係を続ける事ができる…なんて考えるようになっていました。

世の中にはうまく不倫をし、隠している人なんていくらでもいる…そんな言い訳を自分にしながら彼女との関係をうまく維持しようと考えるようになっていたのです。

しかし、そんな生活を長く続ける事ができるわけがありません。今考えれば当たり前の事ですし、誰でも少し考えればわかる事でしょう。しかし、その時の私はまったくネガティブな事を考える事ができなくなっていました。すべてうまく行っている…そう考えていたのです。

Copyright© 2014-2017 妻の浮気、家庭再構築の手記~ED、セックスレスを克服して All Rights Reserved.