夫婦の営みを有意義にするためにAVをお手本にするという考え方

2015-5-18

セックスを学ぶテキストとしてAVは果たして適切なのでしょうか?成人した男性のほとんどはレンタルや購入、またはネットを通じてエッチな動画を見たことがあるでしょう。男優が披露するテクニックに少なからず感動を覚えたことがあるはずです。恥ずかしながら私もそんな男の一人であります。夫婦生活を充実させて新たな関係を構築するにあたって、果たして男優テクへの憧れは正しいことなのでしょうか?

AVはセックスのお手本になりえるか?

AVの中に出てくるテクニックの数々を真似てみたい、そう思ったことがある人は少なくないはずです。私ももちろんそんなことを思っていた時期がありました。しかし今になって思うとあの激しくも繊細でテクニカルな性技を素人が真似していいものかどうかと疑問に思うことがあります。そもそも、AVというものはファンタジーの世界の出来事であり、現実世界に生きる我々が全てを真似するのは危険ではないかとも感じるのです。プロと素人では大きな違いがあるのです。

本質を捉えていくべきである

妻の浮気を機に夫婦関係というものを見つめなおし、充実したセックスを行いたい。そうした中で映像的な演出に特化した男優のテクニックはやり過ぎかもしれません。女優の発する過剰な喘ぎ声は演技でしかありませんし、派手な体位や技は男優の鍛えられた肉体があるからこそ成立しています。視聴者を興奮させるために映像の中で肉体を酷使する男女。全てを真似するのはハイリスクなのは間違いないでしょう。
しかしセックスのお手本に全くならないかと言えばそうではありません。旧態依然としたプレイはマンネリを招くものであり、以前の私たちのようにセックスレスを引き起こす原因となります。AVそのままを真似することは無意味ですが、セックスに一味加えるスパイスとしてオモチャを使ったり緩急をつけたテクニックを駆使したりすることは間違いではないでしょう。そして何より、魅せるために全力でプレイをする男優と女優のパートナーシップも見習うべきところです。夫婦のセックスでも互いに協力しあい力を出し合って、信頼を積み重ねていくことは決して無駄なことではありません。

夫婦のセックスはお互いが楽しむと同時にコミュニケーションとしての役割があります。自分がやりたいままにプレイを進めるのはセックスというよりも一種のオナニーでしかありませんが、知恵を振り絞ってお互いを気持ち良くしようとするならばそれは夫婦の営みになります。AVをそのままお手本とはできませんが、少しずつ切り取って自分の中で消化しプレイに反映することができれば…テキストとして十分な役割を果たすことができるでしょう。

Copyright© 2014-2017 妻の浮気、家庭再構築の手記~ED、セックスレスを克服して All Rights Reserved.